2016秋シーズン人気だったミンク小物たち ベスト3~

伊勢丹新宿店のお仕事が終わり、昨年秋から先週まで続いた今シーズンの催事はぶじ終了!
首都圏の伊勢丹、三越を中心に14か所出展させていただきました~
いつものことながら終わってしまうとあっという間ですが、ここにたどり着くまでは 各場面でいろいろ苦労がありました。

原料、材料仕入れ確保からはじまってデザイン企画 →製作 → 販売 とても長いプロセスをへてお客様に届けられる作品たち。
その中で今回は2016秋、冬シーズンを通じてうちで人気だった”ミンク小物”たちを私の独断で取り上げてみようと思います。

 

3位 ピンキーリング(KeikoOgawa製作)

直径10㎜程度の小さな玉のミンク玉を均一に作るというのがむずかしい。
ふつうに毛の長さを考えると、ここまできれいに小さく作るのは大変。
だけど作ってみると、とてもかわいいサイズ感。
ディスプレイ的にもとても楽しい作品になりました。
ウエディングのプレゼントなど、まとめてご購入される方が多くて、反響がありました。
今シーズンは、これを制作する時間がとれるかどうか・・・

2位 アニマルチャームシリーズ(KeikoOgawa製作)

ちょうど手の中に納まりそうなわんちゃん、ネコ、うさぎ、くまさんなど。
これも各パーツとも毛足の長さを考えた希少部位で作られています。
そのため、顔の表情や雰囲気が一体一体ちがってきます。
ちょっとおデブちゃんだったり、よそ向いていたり・・・いちいちかわいい子たちです。

1位 オーバルバッグ(KeikoOgawa製作)

昨年秋、紋別市のふるさと納税でミンク製品としてはじめて取り扱いさせていただいた作品。
それまでも定番として作ってきましたが、ご注文をたくさんいただき、シーズン後半はこれにかかりっきりになりました。
ミンクの“素材としての美しさ”をシンプルに引き出せたことが良かったように思います。
今シーズンも引き続き定番作品として、作り続けていきます。

ということで、特に今シーズン人気で印象的だった作品をとりあげてみましたが、
気が付くとK氏の作品ばかり!(笑)
自分もふくめた他の作り手は、もうちょっと奮起しないといけません(汗^^;;

さて、次回の催事ですが・・・5月開催が決まりました! 日本橋三越の“北海道展”です!
広告掲載の作品撮影など、着々と進んでいます。
こちらも、近日中にスケジュールをアップいたしますので、もう少々お待ちください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です