お花見コーデを楽しむ~ホワイトミンクショール

桜の季節がやってきました。
とは言え、今年の東京は、開花してからもちょっと寒い日があったりします。
とにかく春服が着たい!でも、時どき寒い!の繰り返し
日中は日差しで暖かくても、朝晩はふつうに寒くて着る洋服が難しい・・・そんな時期。
お花見に行ってもいろいろ集中できません。

時期的に、ファーをしまいかけている方も多いかも
でも、まだまだ出番はあります!
今回は、春らしく軽やかな感じでかつ、程度良い暖かさを保つミンクの着こなしをご紹介します。

このショールは直線が印象的。ホワイトカラーの持つ過分な甘さが抑えられて、大人の女性を引き出します。このディテールを出せるのは、ショートナップミンクならではと言えます。

今回は、少し肌寒い日中のお花見。
ほぼ桜が満開の隅田川テラスにやって来ました。

季節的に
明るい爽やかなカラーがマッチしますし、桜色の景色にも溶け込みます。
パール、薄いパステル、サファイア、そしてホワイトミンクあたりがオススメのミンクとなります。

柔らかな日差しで、穏やかに反射する素材感。でもちょっと近づかないとわかりません。主張し過ぎない控えめ感がいいです。

毛足の長くないショートナップタイプ、または刈毛のタイプは春服との相性がとても良いです。
小さなマフラーでもよいのですが、今回は少し大ぶりのショールをチョイスしました。
外で過ごす時間が長い場合、とくにお花見のようなシーンでは、少しぐらい大ぶりのアイテムを選んだほうが安心。
座った時にはひざにかけたりして小さなブランケット的に活躍できるのも良いところ。

モデル Chika 撮影場所 隅田川テラス ホワイトミンクショール(MInkOgawa made of Zimbal Mink)

桜、入社式、入学式~ 春のイベントは駆け足で過ぎていきます。
この時期に目に飛び込んでくる景色や風景にはいろいろな思い出がつまっている方も多いと思います。
今年は、どんなお洋服でどんな人とどんな気持ちで桜をご覧になりましたか?
やさしい気持ちになれる雰囲気。
はり合うことなく、謙虚に上品に。
そんなおしゃれで桜を楽しめたら、きっとそれは素敵な思い出として記憶に残るでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です